部屋の片付けや引越、不要な着物や毛皮・洋服ブランド買取法

MENU

部屋の片付けや引越しは不要な物の処分・売却のチャンス

片付ける人

 

最近は断捨離ミニマリストといった自分の周りにある余計なものをできるだけ少なくしてシンプルにする考え方が流行しています。
あるいはこんまりさん(近藤麻理恵さん)の提唱する「ときめき収納」など、収納やお片付けに関することに注目が集まっています。

 

今までは如何に自分の欲しいものを揃えるか、おしゃれな部屋にするかが重要でした。
またブランド品を所有することがステータスとなり、物に囲まれ欲しい物を手に入れることが豊かで楽しい生活・人生になると考えてきました。

 

しかしここ最近になって、本当の豊かさとは物ではなく精神的な充足だと考えられるようになりました。
本質的なところに注目し、自然でがんばらない暮らしをするといった価値観も浸透してきました。
またロハスとかスローライフという言葉も広まりました。
健康と環境に配慮した体に悪い影響を与えないナチュラルでシンプルなライフスタイルといったことも受け入れられてきました。

 

このような背景から、思い切って部屋の片付けをして所有している多くのものを整理する人が増えています。
着なくなった洋服や使わなくなったブランド品、アクセサリーのみならずまだ使えると思えるようなものまで整理して手放すようなケースもあります。

 

また自分の部屋だけでなく、家全体や実家まで片付け対象として整理される方も多いようです。
特に息子さんや娘さんがご両親の長年溜め込まれている品々を整理されるといったことも見受けられます。
ご年配ご高齢の方は着られなくなったもの使えなくなったものも、もったいないという気持ちから捨てられずにいることが多いようです。
そういった不用品をできるだけ整理しようということです。

 

ちょっとした片付けブームになっています。

 

引越しをきっかけに

わざわざ片付けをすることはないけれど引越しをきっかけになることもあります。
引越しする予定があればその機会をきっかけにしてみてはどうでしょう。

 

簡単な片付けならいざしらず、大々的な整理はなかなか思い立たないものです。
しかし引越しのような機会があれば、それをきっかけにして片付けをするのは楽です。

 

引越し

 

引越しは気分を一新する気持ちも大きい時ですし、次の部屋へ運び動かすものが少なくなれば作業も楽です。
新たな暮らしを別なステージに持って行くいい機会となります。

 

整理のコツ

片付けを始めるにあたり気を付けることがあります。
誰しも経験があるのではと思いますが、いざ整理し処分するものと残すものとを分けようとしたとき、結局は大半のものを残す側にしてしまうということはよくあることです。。

 

懐かしいマンガが出て来た時、何度も読んでいるにも関わらず整理の途中から読み始めてしまい作業が中断し読みふけてしまい結局それは処分できないということはあるあるですね。
大掃除、引越し、部屋も模様替えなどなど、いったんしまっておいたものを出した時に見受けられる光景です。

 

洋服も同様に、また流行が巡って来て着られる時がくるのではとか、購入した時結構な値段で購入したものだけに捨てられないということもあるのでは?

 

重要なのは最初の分別(片付け)です。
要るものと要らないものの分別です。

 

片付けの第一段階「分別」

分別 = 片付けと言えます。
要るものと要らないものの仕分け分別そのものが片付けと言えます。

 

例えば片付けや整理をすると同じようなものが出てくることがありますが、そういった場合は一番機能の良い物、あるいは一番のお気に入りを残しあとは処分するという手段を取ると良いでしょう。
ひとつに絞れないなら一番目と二番目の機能を持つものか、お気に入りを残すといいでしょう。

 

行きつけば断捨離ミニマリストなどといった、もう少し片付けに対して思考や生き方まで踏まえればもっと片付け自体が奥深いものになります。
しかしここでは片付けに取り組む心理的なハードルを下げるためにごく普通の考え方でお伝えします。

 

分別はある程度思い切らないと、ほとんど整理できないということになりかねません。
しかしただ処分するというだけでは思い切れないのであれな、ひとつヒントになることをお伝えします。

 

それは中には買取業者に売却することで結構な値段になる引き取ってもらえる可能性もあります。
思い切って換金できるものは売却してしまうというのもいいかもしれませんよ。

 

片付けの第二段階「整理」

要るものと要らないものを分けたら(片付いたら)、次はそれらを種類(カテゴリー)ごとに分けることをします。
洋服類、食器類、アクセサリー類といった感じですね。

 

こうすることで、不用品を除く残ったものがどれくらいあるのかを把握することができます。
あるいはさらに分別しなおすということも可能です。

 

何がどれくらいあるかも把握できるので、要るものでも必要以上に持つことがなくなります。
家にあるのについ買ってしまい、同じものがいくつもあるということがなくなります。

 

片付けの第三段階「収納」

最後に収納をどうするかを考えます。
今住んでいる家やお部屋、引越し先のお部屋ともに分別と整理が済んでいれば、片付け後も取り出しやすいしまう工夫ができます。

 

三段階に分けて片付ける理由

このようにわざわざ三段階に分ける理由ですが、もし片付けが苦手な人はどの段階が苦手か分かります。
例えば部屋がすぐにもので溢れてしまう人は、例えば物が捨てられない収集クセがある人だったり、必要なもの不必要なものを分けられないということになります。

 

よくテレビでゴミ屋敷やゴミ部屋になっている人を見受けますが、普通こんなものは必要ないだろうというものも必要なものとして取っておく方に入れてしまうのを見ると思います。
こういう分別(=片付け)ができないと、どんどん不要なものが溜まるゴミ屋敷となっていくのです。

 

片付け

 

分別(片付け)ができればその後はカテゴリーごとに整理すればいいので、最初の分別がいかに大事かということです。
つまり分別(=片付け)さえできれば、整理も収納の簡単だということです。

 

しかし片付けはできるけど、整理できないという人もいます。
こういう人は、同じものがいくつもあるなど部屋が物置屋敷のようになってしまいます。
ゴミ屋敷と物置屋敷がどう違うのかということですが、要るものも要らないものも混在しているのがゴミ屋敷、ものは分別・片付け出来ているけどそれらが整理できずにものがゴチャゴチャして溢れているのが物置屋敷です。

 

なぜ三段階に分ける必要があるのかと言えば、自分はこの分別に問題があるのか整理に問題があるのかを把握することが大事だからです。
ゴミ屋敷は極端ですが、一見ものに囲まれてしまうとどこに原因があるか分からないものです。

 

高齢者(親世代)は特に物をため込むということが多く見受けられるのですが、捨てられないということでひとくくりにしないで分別できないのか整理できないのかの把握は大切です。
例えばティッシュペーパーなどの未使用がたくさんあっても、特売で安ければつい買ってしまうというのはよくあります。
不必要な物ではないにしろ安い時に買っておこうとすることで、すでにたくさんあるにも関わらずさらに同じものが増えてしまいます。

 

結果無駄遣いにもなりますし、使用期限にあるものは結果無駄にしてしまうことにもなります。

 

捨てられない物を捨てるには

ここまでの手順で進めて行けば片付けは簡単にいくかと言えば必ずしもそうではありません。
どうしても思い出の詰まったものは執着してしまい手放すことはできません。

 

部屋や家の片付けは引越しなどが大きなきっかけになることが多いです。
しかしそういったイベント的なことがあってもなかなか思い切って身の回りの物を減らすということは難しい面もあるようです。
特に男性の場合、昔の思い出を引きずりがちです。
昔好きだった人からもらったものや思い入れのある品、ご年配であれば亡くなった奥さんの品などなかなか処分できずにいることが多いです。

 

そういうことも含め、片付けは簡単ではありません。
如何に引越しや大掃除などでの部屋の片付けというきっかけがあってもです。

 

上記で片付けは三段階で実行すると言いましたが、そういう基準があってもそれでもなかなか片付けが終わらない人がいます。
最初の分別のところで、残すものとそうでないものを分ける判断基準がそもそもすり替わってしまっているということがあります。

 

「要る・要らない」という判断が「使える・使えない」という基準で見てしまっていることになっているということです。(このケースは女性に多いです。)
複数のものがあった場合、一番のお気に入りか一番機能の良い物を残すところを、まだ使えるという判断をしてしまうと全部取っておかないといけなくなり、物はなかなか減りません。
生活雑貨などは取っておきたくなりますが、いったん整理すると決めたのであればそれは整理して必要な時に必要な物を買った方が、保管する手間や置き場所のことを考えれば効率的です。

 

ここで大切なのは、「使える・使えない」ではなく「要る・要らない」で考えるようにしましょう。
判断基準がすり替わっていないかチェックすることが必要です。

 

思い出や思い入れを断ち切れないのは男性ですが、使えるのにもったいないと処分できないのは女性ですね。
思い出の品も生活雑貨も最小限にすれば物は片付いていきます。

 

お金をかけずに片付けする方法と、売れるものは上手に売って換金する

片付け

 

引っ越し費用などはともかく、片付けをした物の処分は廃棄などはできるだけ費用はかけたくないものです。
またリサイクルできるものは再利用に回すなど配慮もしたいものです。

 

一番手っ取り早いのは行政・自治体のゴミの収集日に出すことですね。
ちゃんと分別し収集日に出せば費用は押さえられます。
粗大ゴミは費用はかかりますが、業者に依頼して回収してもらうことを考えると安く済みます。

 

ただ粗大ゴミは収集日や収集場所が限られていたり、事前に申し込みが必要だったり費用が前もって必要になったりします。
大きな粗大ゴミを運ぶ場合、人手も必要なので手間はかかります。

 

裏ワザとして大きな家具など粗大ゴミも細かく分解・粉砕してしまえば一般のゴミとして出すことはできます。
しかし地域のルールやマナーの問題もあるので、思い通りに出せるかどうかは一概に言えません。
(ゴミの分別やゴミとして出せる大きさは自治体ごとにルールがあるのでそれに従ってください。)
またゴミとして処理する場合、家電など物によってはリサイクル料金が必要なものもありますので注意してください。

 

こういった手間を惜しまなければ引越しや家や部屋の片付けは安くあげることが可能です。

 

廃棄するという発想の転換

ただし、ここで発想の転換をしてみましょう。
粗大ゴミや不用品など、廃棄することばかり考えるのではなく売れるものは売るという発想です。

 

よくポストに「不用品回収します」といった業者のチラシが入っていますが、ただの回収業者を利用すると回収料金がかかります
そういった回収業者ではなく、不用品をキチンと査定して適正な価格で買い取ってくれる買取業者を利用すると良いでしょう。

 

買取業者はブランド品や金券などを売って現金化したい場合に利用することを思いつきます。
ただし今はかなり幅広い品物が買い取り対象になっていますので利用しない手はありません。
さらに、普通は自ら店舗に持ち込むイメージが強いですが今や宅配で査定してほしいものを業者に送って査定してもらえます。

 

あるいは自宅への出張買取査定の業者もあるのでかなり便利になっています。
品物が多いようであれば出張買取査定が便利ですね。

 

まずは出張・宅配買取査定業者を利用してみる

何が買取業者に売却が可能なのかなかなか分からないと思います。
普通はブランド品やアクセサリーを思いつきますね。

 

前述のように「使えるか使えないか」ではなく「要るか・要らないか」で判断しましょうね。
買っときはかなり高価だったものほど手放したくないと考えてしまいます。
しかしこうやって思い切って整理することを心掛けてみるといろんなものが査定に出せます。
結果的に物はかなり減らせますし、売却できれば現金化できるので一石二鳥です。

 

実は売却できるものは意外に幅広く、高値で売れる場合もあります。
実家や部屋の片付けをした場合、親の持ち物も整理したならそれらもしっかり査定してみることをおすすめします。

 

参考にどういったものが買取り可能かご紹介します。

  • 着物や帯類
  • ブランド品・アクセサリー・ブランド服等
  • 切手
  • 古銭・記念硬貨・コイン
  • 毛皮
  • お酒
  • 宝石
  • 時計
  • 骨董品

これらが一般的ですね。

 

アクセサリーなどは壊れていても、貴金属として金やプラチナが使われているとその金などの価値で買い取ってもらえます。
切手も中国切手など(例えば「赤猿」など)は相当な高値がつきます。
骨董品も中国の骨董品も同様に高値になること多いです。

 

意外なところでは、
古いおもちゃやマンガ、雑誌なども(出張業者はないかもしれませんが)マニア市場があるので高値になるかもしれません。

 

出張・宅配で査定買取してくれる業者のあと、タンスや家具・家具などをリサイクル業者に売れないか検討して、その後ゴミとして処分を考えると良いでしょう。

 

出張・宅配査定買取業者を利用するメリット

出張・宅配買取業者を使うメリットは大きいです

 

例えば出張査定で言えば

  • 主文したい品数が多い人は店舗に持ち運ぶことが困難ですが自宅まで来てくれるので楽。(高齢者の方々にとって利用しやすい)
  • 出張手数料が無料なところが一般的なので、利用するにあたって手間やリスクがない。
  • 全国で展開しているので地域に関係なく利用できる(一部は利用できない地域もあるが)。(最短30分で来る業者もある)
  • その場で査定して即現金化。(もちろん査定額に納得された場合のみ)
  • 取扱商品が多いので一度に様々な種類の商品の整理が可能。(その場で思いついたものも付随して査定してもらうことも可能)

 

宅配査定業者の場合で言えば、

  • 自宅に呼んで査定が無理な場合、自宅に居ながら荷物を送って査定してもらえる。(送料はかからないのが一般的)
  • 買取りを選ばない場合、返却してもらうのも可能です。(返送料はかかるところとかからないところがあります)
  • 買い取れないようなものもまとめていくらという感じで安価ではあるが買い取ってくれる業者もある。
  • 出張が難しい地域も利用可能。

 

おすすめの宅配・出張査定買い取り業者

買取業者でおすすめは、出張査定・宅配査定の両方に対応し幅広いジャンルと品物の鑑定と買取りが可能な買取プレミアムです。
買取りジャンルごとにクリック先の詳細が分けられているので、それぞれご確認と問い合わせが可能です。

 

着物や帯類を高値で売却するにはこちら
ブランド品の買取りはこちら
アクセサリー・貴金属の買取りはこちら
洋服、満足価格で売るならこちら
切手の買取りはこちら
古銭・記念硬貨・コインの買取りはこちら
毛皮の買取りはこちら
お酒の買取りはこちら

宝石・ダイヤモンドの買取りはこちら
時計の買取りはこちら
骨董品、満足価格で売るならこちら
お引越しで整理したいモノを売るならこちら

 

 

すぐに整理・片付けられないものの一時的な荷物や品物の保管はトランクルームが便利です。
おすすめのトランクルームはこちらです。